「BitLocker」を一時停止・無効にする方法

「BitLocker」は、Windows Vista以降のWindowsで設定ができるパーティション単位での暗号化を行う機能です。
暗号化を設定したPCのTPM 1.2(セキュリティチップ)か、ハードウェアキーとして設定したUSBメモリーが無ければ復号できません。

「BitLocker とは何ですか。具体的な作用を教えてください。(「Microsoft Tech Net」のサイトが開きます)」

革命シリーズでは、以下の製品を除き、「BitLocker」で暗号化された環境では使用できません。
大変お手数ですが、「BitLocker」を解除(無効化)してからご利用ください。

・CD革命/Virtual
・HD革命/Eraser(制限あり。詳細はこちら。)
・HD革命/WinProtector(Ver.5移行は「BitLocker」のみ対応。制限あり。)
・あいこぴ!

以下に「BitLocker」の一時停止・無効化の手順をご案内しています。
※革命シリーズを使用するには、一時停止ではなく、無効化する必要があります。

■関連FAQ
暗号化(BitLocker、デバイスの暗号化 等)された環境でのご利用について
「デバイスの暗号化」をオフ(無効)にする方法

「BitLocker」を一時的に停止する方法

「BitLocker」を一時的に停止するには、以下の手順を行います。

1.管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2.[コントロール パネル]を開きます。
表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」となっている場合は「BitLocker ドライブ暗号化」を選択し、手順4へ進みます。

3.「コントロール パネル」画面より「システムとセキュリティ」をクリックし、表示される一覧から「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。

4.「BitLocker ドライブ暗号化」の画面が表示されるので、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」の「BitLocker を有効にする」をクリックします。

5.「BitLocker ドライブ暗号化を中断しますか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。

6.暗号化が中断されたドライブに「中断」と表示されていれば、BitLockerを一時的に停止する手順は完了です。

※BitLockerの保護を再開するには、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」-「保護の再開」をクリックします。

「BitLocker」を無効にする方法

「BitLocker」を無効にし、ドライブの暗号化を解除するには以下の手順を行います。

※システムドライブの暗号化を解除すると、システムドライブ以外のドライブの暗号化も一緒に解除されます。

1.管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2.[コントロール パネル]を開きます。
表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」となっている場合は「BitLocker ドライブ暗号化」を選択し、手順4へ進みます。

3.「コントロール パネル」画面より「システムとセキュリティ」をクリックし、表示される一覧から「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。

4.「BitLocker ドライブ暗号化」の画面が表示されるので、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」の「BitLocker を無効にする」をクリックします。

5.「BitLocker を無効にする」と表示されるので、[ドライブの暗号化解除]をクリックします。

6.ドライブの暗号化の解除が行われます。メッセージをクリックすると、進捗状況を確認できます。
※ドライブの暗号化の解除には時間がかかる場合があります。

7.通知領域から「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化解除が進行中です」アイコンが消えた場合、または、「(ドライブ名):の暗号化解除が完了しました。」表示された場合は[閉じる]をクリックして暗号化解除は完了です。

※BitLockerドライブ暗号化が完了すると、暗号化されているドライブが「オン」と表示されます。

「BitLocker」が待機中の場合

「BitLockerはアクティブを待機中です。」と表示されているケースがあります。

このような場合も待機している状況ですので、必ず無効化して頂く必要があります。

 

デバイスの暗号化を「オフ」にして頂ければ無効化されます。

 

■関連FAQ

暗号化(BitLocker、デバイスの暗号化 等)された環境でのご利用について

「デバイスの暗号化」をオフ(無効)にする方法

© 2018 - 2020 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.