一時ファイルがすぐにいっぱいになってしまい、再起動してしまいますが、どうしたらよいですか?

「一時ファイル」の使用済み容量は、保護されたドライブに書き込みが行われることで増加します。そのため、システムユーティリティやアンチウィルスソフトなどによりドライブに定期的に書き込みが行われると、一時ファイルの使用容量は通常の場合よりも早く増加することになります。

 

基本的な対策としては、「一時ファイル」として設定する容量を増やしていただくことになります。

また、Windows の復元ポイントの自動作成や、自動更新による書き込みでも一時ファイルの使用量は増加します。停止させても問題がないソフトウェアや機能を停止することで、一時ファイルの使用済み容量の増加を抑えることができます。

HD革命/WinProtectorに付属している「便利ツール」の中の「ComfortDisk」を利用することで、Windowsの機能を停止することができます。

© 2018 - 2020 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.