保存先のネットワークドライブ(NAS)が認識されない場合の対処方法

「詳細バックアップ」で、保存先のネットワークドライブ(NAS)が認識されない場合は、下記の手順で改善されるかお試しください。

● 最新のアップデータの適用をお願いいたします。

保存先にネットワークドライブを指定する手順について仕様を変更しております。

必ず最新のアップデータが適用された状態でご利用ください。

【バージョン確認方法】
https://www.ark-kakumei.jp/next-afterfaq-023
2022年11月8日現在では、最新のアップデータはVer5.1.2になります。

ネットワークドライブを保存先に指定する手順について

バックアップファイルの保存先にネットワークドライブを指定する場合は、下記の「バックアップの保存先」画面で

「ネットワークを追加」をクリックします。

 

「ネットワークを追加」をクリックすると、下記の「ネットワーク上のバックアップの保存先を追加」画面が表示されますので

「参照」ボタンをクリックしてネットワークドライブをツリーの中から選択するか、赤枠の入力欄下の例を参考にネットワーク

ドライブのフォルダー名(ネットワークパス)を直接入力します。

ユーザー名、パスワードを入力して「OK」をクリックします。

 

 

 

SMB1.0を有効にする

ネットワークドライブにはSMB1.0を利用している機器があるのですが、Windows 10以降では、セキュリティの観点から使用を

推奨していない為、アップデータなどのタイミングで無効になってしまう事がある様です。

 

下記手順で現在の設定をご確認頂き、チェックが入っていなかった場合は、チェックを入れて改善されるかご確認をお願い致します。

 

1.  コントロールパネルの「プログラム」を選択
2. 「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択
3. 「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」内の下記の赤枠にチェックが入っているか確認

ネットワークドライブの割り当てをされている場合

資格情報を保存されているかご確認ください。
Windowsのエクスプローラーで「ネットワークドライブの割り当て」を行う際、下記のネットワーク資格情報の入力画面で

「資格情報を記憶する」にチェックを入れてOKをクリックして登録します。

 

 


 

 

ネットワーク探索とファイル共有の有効化にされているか確認


Windows の「ネットワーク」を開いた時に、下記の画面のような「ファイル共有が無効です。・・・」というメッセージが

表示された場合は、その文字部分をクリックして有効化してください。

こちらの設定は、コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」でも変更できます。

Windowsの機能.png
ネットワーク上のバックアップの保存先を追加.png
ネットワークを追加.png
image.png
ネットワーク探索とファイル共有の有効化.png