「バックアップ3WAY」とは何ですか(プロフェッショナル版のみ搭載)

「バックアップ3WAY」は、コピー&ペースト方式を採用したフォルダーを同期するアプリケーションとなります。

 

「バックアップ3WAY」には3つのモード「バックアップ」・「同期」・「ミラーリング」があります。

​<注意事項>

※システムドライブのミラーリングはできません。
※バックアップ(同期)元・先ともにネットワークドライブには対応しておりません。

 

「バックアップ」モード

 

同期元から同期先に、一定の間隔で同期を行うモードです。

 

 

同期元フォルダー       同期先フォルダー

一定の間隔で同期元のデータを同期先にバックアップします。
同期モードとは異なり、同期先から同期元への更新は行われません。

同期先のデータは全て上書きされます。
更新の確認メッセージは表示されませんのでバックアップモードを選択する場合は、ご注意ください。

「ミラーリング」モード

 

同期元から同期先にリアルタイムで同期を行うモードです。リアルタイム同期となりますので、「バックアップ3WAY」設定画面で
「実行するタイミング」間隔を設定する事はできません。

 

 

同期元フォルダー      同期先フォルダー

同期元のファイルを変更すると、同期先の同名のファイルが更新されます。

ただし、双方間のミラーリングではないため、同期先を更新しても同期元は更新されません。

常に同期された状態となりますので、同期元のデータを間違って更新削除した場合、同期先も更新、削除されてしまいます。
データの取り扱いにご注意ください。

「同期」モード

 

一定の間隔で、双方向の同期を行うモードです。

 

 

同期元フォルダー      同期先フォルダー

一定の間隔でフォルダーの内容を比較し、同名のファイルがあった場合は下の確認メッセージが表示されます。
ここで、どちらを同期するか、または「更新しない」を選択します。

​「同期先を更新」「同期元を更新」「更新しない」のいずれかを選択してください。

更新を行う場合は、同期元・同期先を確認し更新する方向を間違わないようにしてください。

© 2018 - 2020 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.