大容量USBメモリーでFAT32の「Windows PE 起動用ディスク」を作成する方法

​<操作を行う前に>

本ページの内容は正規の操作方法ではないため、サポート対象外の内容とさせていただきます。操作内容につきましてお問い合わせをいただいてもお答えいたしかねますので、ご理解いただいた上で操作をお願いいたします。

「Windows PE 起動用ディスク」をUSBメモリーに作成する場合、最初にUSBメモリーをフォーマットします。このフォーマット機能はWindowsの機能を呼び出しているため、32GBを超える(64GB以上)のUSBメモリーのファイルシステムは、FAT32ではなくNTFSでフォーマットされてしまいます。


NTFSフォーマットされた「Windows PE 起動用ディスク」では、コンピューターを起動することができません。そのため、革命シリーズで「Windows PE 起動用ディスク」をUSBメモリーに作成する場合は、容量が1GBから32GBのものを使用するように案内しています。

しかし、「HD革命/BackUp Next」をご使用のユーザーの方より、64GB以上のUSBメモリー(以下「大容量USBメモリー」と言います)から起動して、そこにバックアップファイルを保存をしたいというお問い合わせをいただくことがあります。

 

ここでは、大容量USBメモリーを使用してファイルシステムがFAT32の「Windows PE 起動用ディスク」を作成する手順を説明します。

 

<作成手順>


1.最初にバックアップファイルを保存するための大容量USBメモリーとは別に、もう1つUSBメモリーを用意し、そのUSBメモリーを指定して「Windows PE 起動用ディスク」を作成します。


2.上記「1.」で作成したUSBメモリー内の全ファイル、フォルダーをハードディスク(SSD)に作成したフォルダーにコピーします。

※USBポートが複数あるコンピューターの場合は、2つのUSBメモリーを同時に接続して大容量USBメモリーに直接コピーしてもかまいません。この場合、下記「3.」の手順を省略できます。
※大容量USBメモリーのファイルシステムがFAT32でない場合は、後述のフォーマッタを使用してFAT32でフォーマットされたものを接続してください。

3.バックアップファイルを保存するための大容量USBメモリーを接続し、上記「2.」でコピーした、全ファイル、フォルダーをコピーします。

 

※ハードディスク(SSD)にコピーしたファイルを消してしまってもかまいませんが、残しておくことで再度「Windows PE 起動用ディスク」を作成するときに、「1.」と「2.」の手順を省略できます。ただし、アップデータが公開された場合は、アップデータを適用後に「1.」から「3.」の手順を再度行ってください。

4.以上で大容量USBメモリーにファイルシステムがFAT32の「Windows PE 起動用ディスク」を作成することができます。ここにバックアップファイルを保存するには、さらに以下の操作を行います。

5.一度ハードディスクに「バックアップファイルの分割サイズ」を「4GB」に指定してバックアップを行います。

 

6.作成した「Windows PE 起動用ディスク」に、作成されたバックアップファイル(HDX、HDBの他、001、002等の分割ファイルを含む)を全てコピーします。

 

<注意事項>

・複数のUSBメモリーに跨がってバックアップファイルは保存できません。1つのUSBメモリーに収まらない場合は、さらに容量の大きいUSBメモリーを用意するか、ハードディスク(SSD)など、別のデバイスにバックアップを行ってください。

・FAT32でフォーマットした大容量USBメモリーは、4GB以上のファイルを保存できません。そのため、必ずバックアップ時のオプション設定で、「バックアップファイルの分割サイズ」を「4GB」に指定してバックアップファイルを分割してください。

<USBメモリーが1つしかない場合の作成方法について>
大容量USBメモリー以外にUSBメモリーをお持ちでない場合は、一度大容量USBメモリーで「Windows PE 起動用ディスク」を作成する必要があります。最初に、上記「1.」と「2.」の操作を行ってください。

「Windows PE 起動用ディスク」を作成すると大容量USBメモリーがNTFSとなってしまうため、これをFAT32でフォーマットする必要があります。しかし、WindowsのフォーマットではNTFS、またはexFATしか選択できないため、サードパーティ製やフリーソフトのフォーマッタを使用し、大容量USBメモリーをFAT32でフォーマットします。

例えば、大容量USBメモリーをFAT32でフォーマットできるフォーマッタとして、アイ・オー・データ機器のフォーマッタがあり、

以下のサイトからダウンロードできます。

 https://www.iodata.jp/lib/product/i/2107.htm

 

FAT32でフォーマットできれば、フォーマッタはどのソフトでもかまいません。FAT32でフォーマットされていることを確認し、上記「3.」の操作でファイル、フォルダーを大容量USBメモリーにコピーしてください。

以上の操作を行うことで、FAT32の「Windows PE 起動用ディスク」を作成することができます。

© 2018 - 2020 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.