© 2018 - 2020 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.

HD革命/Partition EX3 Ver.3.0.1 アップデータ

※本アップデータは、対象製品のユーザー登録をされたお客様のみダウンロードできます。登録がお済みでないお客様は「ユーザー登録」を行った後にダウンロードをお願いいたします。

※本ページよりダウンロードするアップデータは、製品内の「更新確認プログラム」よりダウンロードされるアップデータと同じものとなります。

ダウンロード詳細

バージョン

​対応OS

公開日

3.0.1

8.1(64bit,32bit)/8(64bit,32bit)/7(64bit,32bit)/Vista(32bit)

2014.12.12

更新内容

[Ver.3.0.1 について]

●HD革命/Partition EX3本体の修正

・セクターサイズが4kバイトのハードディスクの場合に、NTFSドライブの作成/フォーマットが正しく実行できない場合があるのを修正しました。

・セクターサイズが4kバイトのハードディスクで、クラスタサイズが同じNTFSのドライブ同士を結合する場合において、結合先ドライブのデータが残すことができるようになりました。

・Windows PE上、または、再起動後にドライブ操作が行われる場合に、ボリュームラベルを指定してexFATドライブの作成/フォーマットを行うと、ボリュームラベルが正しく設定されない問題を修正しました。

・[NTFS][exFAT]が隣接しており、その境界を操作してNTFSを2TB以上にしたときに間違った警告メッセージが表示されてしまうのを修正しました。

●マニュアルPDFファイルの更新

・マニュアルPDFファイルが更新され第2版となりました。

起動ディスクの作成について

アップデートを行うことで、最新のアップデータ適用済みのWindows PE起動用ディスクを作成することができます。

Windows PE起動用ディスクを作成するには、アップデート後にArkランチャーのメニューで「便利ツール」→「Windows PE起動用ディスクの作成」と選択してください。

Windows PE起動用ディスクを作成時の注意点

・「Windows PE 起動用ディスク」を作成するには、インターネットに接続できる環境が必要です。

・作成に必要なファイルをインターネットよりダウンロードします。ファイルサイズが大きいため、ダウンロードする時間帯によっては、サーバーが混雑しダウンロードに時間がかかる場合があります。ダウンロードができない場合は、時間をおいてから再度ダウンロードをお試しください。

・CD/DVDメディアにWindows PE 起動用ディスクを作成する場合は、書き込み可能なCD/DVDドライブが必要です。また、作成にはブランクメディア(CD-R/DVD-R)、もしくは消去済みのリライタブルメディア(CD-RWなど)が一枚必要となります。

・USBメモリーにWindows PE 起動用ディスクを作成する場合は、1GB以上(32GB以下)の容量があるUSBメモリーを用意してください。USBメモリーの内容は全て消去されますので、必要なファイルはあらかじめ別のストレージにコピーを行ってください。

ダウンロード

著作権

HD革命は 株式会社 アーク情報システムの登録商標です。
HD革命/Partition EX3は 株式会社 アーク情報システムが著作権を有しています。

式会社アーク情報システム