© 2018 - 2020 ARK Information Systems Inc. All Rights Reserved.

HD革命/BackUp Ver.11~Ver.12 がアンインストールできない場合の削除方法

[Windows 10/8.1/8/7]

こちらのページに記載されている内容は、「プログラムのアンインストール」 からアンインストールができない場合に手動で削除する方法です。通常は 「プログラムのアンインストール」 からアンインストールを行ってください。

※下記の操作にはレジストリを編集する内容が含まれます。レジストリの変更は、マイクロソフト、弊社でもサポート外の内容となっています。操作は間違えないように十分にご注意下さい。

 

 

<削除手順>

1.ドライバのアンインストール

インストールしたドライバをアンインストールします。削除にはバッチファイルを使用します。
バッチファイルは、HD革命/ BackUpをインストールしたフォルダにありますので、インストールしたフォルダを開いてください。

標準のインストール先は
「C:¥Program Files¥ARK Information Systems Inc¥BackUpXX」
になります。(XXはバージョン)
「DriverUninstall (DriverUninstall.bat)」というファイルを選択してダブルクリックしてください。ドライバがアンインストールされます。

2.インストールしたフォルダの削除

HD革命/ BackUpをインストールしたフォルダを削除します。
標準のインストール先は
「C:¥Program Files¥ARK Information Systems Inc \ BackUpXX」
になります。(XXはバージョン)

3.レジストリの削除

10:[スタート]を右クリックして[ファイル名を指定して実行] を選択します。

8.1:[スタート画面]-[デスクトップ]を開きます。画面左下隅を右クリックして[ファイル名を指定して実行] を選択します。

8:[スタート画面]-[デスクトップ]を開きます。画面左下隅ポイントし、スタート画面がポップアップしたらクリックして[ファイル名を指定して実行] を選択します。

7/Vista:[スタート] ボタン → [すべてのプログラム] → [アクセサリ] → [ファイル名を指定して実行] を選択します。

「ファイル名を指定して実行」という画面が表示されますので「regedit」と入力し 「OK」ボタンを押してください。

※ユーザーアカウント制御のメッセージが表示されたら「はい」を押します。

レジストリエディタが起動しますので、下記のレジストリキーを削除します。

HKEY_CLASSES_ROOT\VirtualStore\MACHINE\SOFTWARE\ARK Information Systems Inc.\HDBackUp

HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥ARK Information Systems Inc.¥HDBackUp

HKEY_CURRENT_USER\Software\ARK Information Systems Inc.\HDBackUp

HKEY_CURRENT_USER\Software\株式会社アーク情報システム\HD革命/BackUp

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\
この「Uninstall」フォルダの下に{}で囲まれた英数字のキー(フォルダー)があります。上から順にクリックし、右側の画面で「DisplayName」の値が「HD革命/BackUp」と表示されているキー(フォルダー)を削除します。


以上でレジストリの削除は終了です。レジストリエディタを閉じてください。

4.スタートメニューの削除

スタートメニューに登録されたプログラムフォルダを削除します。
スタートメニューの中で「HD革命/ BackUp」 のプログラムフォルダを選択します。
右クリックするとメニューが表示されますので「削除」を選択してください。
警告メッセージが表示されたら「はい」 を押してください。

5.Arkランチャーの削除

デスクトップに 「Arkランチャー」 のショートカットがある場合は削除を行ってください。(10/8.1/8/7/Vista)
スタート画面のタイルのピン留めがある場合は外してください。(10/8.1/8)
ただし、弊社の他の革命シリーズがインストールされている場合は、削除せずにそのままにしてください。

また、Ark ランチャーに登録されている製品の情報を個別に削除するには、こちらを参照ください。

6.コンピュータの再起動(必ず行って下さい)

コンピュータの再起動を行ってください。